30代になった社会福祉士・しげKickのブログ

昭和60年生まれ社会福祉士のしげkickです。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

ブログタイトル

医療

介護施設の高齢者が38℃の高熱が出た時、よく原因で出てくる3つの病気と見分け方について

介護施設で利用者が38℃の高熱が出た時、 慌てたことはありませんか。 救急車を呼ぶべきか、 そのまま様子を見た方がいいのか 迷ってしまうかと思います。 私の場合、高熱が出た利用者をよく観察して、 原因を考えてから、次の対応を決めています。 特に、…

教師免許に「介護体験」は必須だけど、医師免許にも導入してみてはどうだろうか

はじめに 教師になるためには 実際に高齢者介護施設に行って 介護体験するのが必須になっています。 でも、教師よりも医師の方が 高齢者と接する機会は多いのに、 医師免許にはその「介護体験」がありません。 医師と介護職との連携が大切だといわれる今、 …

介護・医療現場でもっと患者を良くしたい、笑顔をみたいと思う方は「明鏡塾」を体験してはいかが。

はじめに 介護・医療職のだれもが 利用者・患者さんを良くしたい、笑顔をみたい、役に立ちたい と想い、この業界を目指したはず・・・ でも、仕事に慣れて現状維持のままで満足したり、 職場の忙しさで効率重視になったりしてませんか。 「慣れ」「忙しさ」…

塗り薬・ヒルドイド違法使用が頻発した原因は、医療保険で得したい人が多いから!

塗り薬・ヒルドイドが医療以外に使われている・・・ 塗り薬として使われる「ヒルドイド」の違法使用が問題になっています。 ヒルドイドは簡単に説明すると、 乾燥肌で皮膚のかゆみがある人に使うぬり薬です。 皮膚の保湿とかゆみ止めが主な効果になります。 …

看取り介護をしたら、医者の指示待ちだった自分に気づいてすごく泣いた話

お泊りデイサービスでも看取る時代 最近、高齢者介護施設で看取り介護サービスが広まる中、 わたしの勤めるお泊りデイサービスでも看取りを行っています。 一年前に、末期の大腸がんを患う60歳の女性が わたしの施設に入所しました。 知的障害をもっており、…

仕事でのコミュニケーションが苦手なら、挨拶を極めよう!

あいさつができれば人間関係が劇的に変わる! 仕事で人と話すのが苦痛になったことはありませんか。 わたしも高齢者デイで毎日、利用者のコミュニケーションを 取らなければならないので大変でした。 ビジネスマナーの本やセミナーを参考にしては どうやった…

腰痛に悩む介護職は必見!もう治し方にクスリや接骨院はいらない!腰痛改善に大切な3つのこと。

腰痛は薬やマッサージに頼らなくても改善できる! みなさんは腰痛に悩まされたことはありませんか。 特に介護をしている人にとって労災の対象になりやすく、 深刻化すると仕事を引退することもありえます・・・ わたしも長い間、腰痛に悩まされていた介護職…

【注意】エナジードリンク、薬などによる「カフェイン」の取りすぎは、最悪の場合、命にかかわるみたいです。

はじめに 新聞の記事で、カフェインを多く含んだ 飲み物や薬を飲んで、 カフェイン中毒を起こし、 2011年から5年間に101人が病院に 運ばれ、7人は心臓が停止し、 そのうち3人は死亡してしまったという、 日本中毒学会による発表がありました。 しかも、若い…

米こうじの「甘酒」って栄養がある飲み物だから、食欲のないお年寄りや介護食にいいですよ。

はじめに 高齢者施設ではよくおやつで提供される「甘酒」 味も甘く、飲みやすく、お年寄りにとても人気があります。 また、手軽に作れるので、利用者と一緒につくり、 レクレーションのひとつとして楽しめる飲み物です。 「甘酒」は、お年寄りの介護にとても…

熱はなくても、「解熱鎮痛剤」は飲んでもいいの? 知っておきたい「解熱鎮痛剤」のこと。

熱はなくても、カロナールやロキソニンなど「解熱鎮痛剤」は飲んでいいのか、知っておきたい「解熱鎮痛剤」の情報を紹介してみました。

褥瘡ケアには「デュオアクティブ」。貼るだけでキズがふさがりました。

褥瘡ケアで「デュオアクティブ」はご存知ですか。 介護施設でよく見かける「褥瘡」。 一般的には「床ずれ」とも呼ばれ、 寝たきりの高齢者によくでてきます。 褥瘡はそのままにすると、感染症に なって、命にかかわることもあるので、 予防と早めの対応が大…