30代になった社会福祉士・しげKickのブログ

昭和60年生まれ社会福祉士のしげkickです。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

MENU

老人ホームで利用者同士が恋愛するってダメなのかなぁ。駄目なら、お年寄りを閉じ込めるだけの施設になっちゃうよ。

f:id:social-walfare-work:20170628005309j:plain

2010年にドキュメンタリー番組

日本テレビ系列のNNNドキュメント

「老人ホームの恋」というのが放送されました。

NNNドキュメント’15

 

ここで描かれていたのは、徳島の特別養護老人ホーム

樽谷茂雄さん(90)と中津千代子さん(81)が恋愛をし、

一緒の部屋で暮らしている様子が映し出されています。

 

今回は、このドキュメンタリー番組から、

高齢者と恋愛について考えてみようと思います。

何もやることのない老人ホーム

 

このドキュメンタリーは特別養護老人ホームにいる利用者が抱える悩みを

とても顕著に表しています。

 

それは、

老人ホームは食事と入浴以外、何もすることがない。

ということです。

 

個人的な意見になりますが、

老人ホームの利用者は自分の部屋でテレビを見て過ごすぐらいで、

いわば病院の部屋と同じ感じがあります。

 

そして、

その利用者の多くは老人ホームを

終の棲家として、残りの人生を過ごしています。 

 

このドキュメンタリーは、そんな老人ホームで

恋愛をするという生きがいを見つけた2人にスポットを当てた内容に

なっています。

 

年をとっても「恋愛」は興味をもっているもの。 

わたしはデイサービスで高齢者とお話をしますが、

「恋バナ」は女性の利用者を中心にとても盛り上がります

例えば、初デートの場所や初恋の相手などの話は

どの利用者も興味をもって聞いています。

 

わたしは30代でまだ未婚ですので、「ずっと独身」とネタにして、

利用者とコミュニケーションしています。

そしたら、92歳の女性利用者から、

「少し年齢は上だけどいい女性を紹介する」と言ってくれました。

 

ちなみに「おいくつですか」とたずねたら、

「60歳だ」

と言い、わたしは「プライベートでも介護しなきゃなぁ」と答えました。

 

話が少し脱線しましたが、

高齢者だって恋愛に興味はあるし、

このドキュメンタリーに出てくる2人のように

また「だれかと恋をしたい」と思う気持ちも

出てきてもおかしくはないはずです。

 

老人ホームではなぜ「恋愛」が認められないのか。

今回、舞台となった徳島の老人ホームは

他利用者とのトラブルになる可能性があるため、

実は恋愛は原則禁止になっています。

 

やはり、利用者の気持ちよりも、利用者の安全やその家族に

配慮する傾向が見られます。

 

また、そこで働く職員のインタビューで、

「おばあさん、おじいさんらしく、静かに暮らしてもらいたい」

と言った方がいました。

その発言には、「高齢で恋愛するのはおかしい」というイメージが

あるようにみえました。

まわりが高齢者の恋愛がおかしいと思うから、彼らを

受け入れられないことが背景にあると思われます。

 

最後に

 

ドキュメンタリーで、この老人ホームの施設長はここの利用者に

「最後まで残っている能力を使い切ってほしい」と言っていました。

これは高齢者介護の大切なことであり、もちろん恋愛することも

その能力に含まれます。

 

しかし、運営側にとって老人ホームでの恋愛は、

周りの影響を考えると、認めるのが厳しいのが

現状があります。

 

でも、完全に恋愛禁止にしたら、老人ホームって、

お年寄りを閉じ込めるだけの施設になってしまうのではと

心配してしまいます。