30代になった社会福祉士・しげKickのブログ

昭和60年生まれ社会福祉士のしげkickです。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

MENU

2040年からは高齢者が減って、IT技術も進歩するから、介護職員や高齢者施設はいらなくなりますよ。

f:id:social-walfare-work:20170717010113j:plain

今、わたしの職場では介護スタッフが不足しています。

10万円ほどの広告をかけても、給料の安さや仕事の大変さで

中々、応募がないのが悩みの種です。

 

わたしの地域における求人広告をみても、

大半はデイサービスや老人ホームなどの

職員を募集をしており、介護スタッフ不足は高齢者福祉施設

共通問題のように感じます。

 

しかし、2040年代からは確実に

介護スタッフはいらなくなっていきます

 

一体どういうことか。詳しく説明していきます。

 

2042年から65歳以上の高齢者が減っていく。

平成29年に推計した、日本の将来推計人口では、65歳以上の高齢者が

2042年には約3940万人とピークを迎えます。

 

そして、2042年を境に高齢者人口は減りはじめ

2060年には約3540万人となり、約400万人も減少すると見込まれます。

参考URL:http://www.ipss.go.jp/pp-zenkoku/j/zenkoku2017/pp29_gaiyou.pdf

そして、介護保険のサービスを受けることができるのは、

基本、65歳以上の高齢者であるので、

この減少によって、徐々に介護スタッフや高齢者施設がいらなくなっていきます。

 

IT技術の進歩も介護職の仕事を奪っていく

さらにIT技術発達によって、介護の仕事が機械に奪われ、

介護職は必要とされなくなっていきます。

 

2018年の介護報酬では、情報技術やAI(人工知能)を使った事務所に

加算をつけることが検討されています。

 

また、最近、ケアマネが作る支援計画(ケアプラン)をビッグデータ化して、

利用者の悩みを打ち込めば、コンピュータが自動でケアプランを

作れるサービスを提供する企業も出てきました。

 

今は全自動の自動車が開発されようとしているので、近いうちに

デイサービスでの送迎ドライバーはいらなくなるかも。

 

これから、介護スタッフもクオリティを高めないと、どんどん機械に仕事を

奪われていく時代になります。

介護は「人不足」だから、簡単に就職できるという考えはやめましょう。

 

もう箱モノ施設はいらない。

 

現在は多くの企業が介護業界に参入して、

有料老人ホームや保険外で宿泊を行うデイサービスなど

高齢者向けの施設が多く出てきました。

 

そして、わたしの地域ではこのような施設の乱立によって、

一部の老人ホームに空きが出ている状況が出ています。

 

確かに老人ホームを希望している高齢者は多くいると

言われていますが、もう箱モノ施設はいらないというのが正直な意見です。

 

このまま高齢者施設を増やしていったら、2040年代から、

建物だけが残ってしまうのは目に見えています。

キーになるのは若い世代です。

 

若者が自分の住んでいる地域をどんなふうにしていきたいのか

興味を持ち、政治に反映していくことが大切だと思います。