30代になった社会福祉士・しげKickのブログ

昭和60年生まれ社会福祉士のしげkickです。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

MENU

介護・医療現場でもっと患者を良くしたい、笑顔をみたいと思う方は「明鏡塾」を体験してはいかが。

f:id:social-walfare-work:20171221193802j:plain

はじめに

介護・医療職のだれもが

利用者・患者さんを良くしたい、笑顔をみたい、役に立ちたい

と想い、この業界を目指したはず・・・

 

でも、仕事に慣れて現状維持のままで満足したり、

職場の忙しさで効率重視になったりしてませんか。

 

「慣れ」「忙しさ」は

利用者・患者よりも、

自分中心な支援にさせる

とても厄介なものです。

 

自分・スタッフを優先した対応では、

利用者・患者に良い効果は与えることはできません。

 

まずは利用者・患者と真剣に向き合い、

自分が「何をするべきか 」見つけ出すことが大切です。

 

わたしが2017年冬に体験した明鏡塾は、

そんな「自分中心」から「利用者・患者中心」に切り替える

実践的なセミナーでした。

  

午前10時から午後5時までのセミナーでしたが、

気が付けばあっと言う間に終わった感じです。

 

本当に充実した時間だったので、

明鏡塾・体験セミナーの内容と感想をご紹介します。

 

明鏡塾とは

明鏡塾の講師を務める日野晃先生はこんな方です。

日本の歴史に残る武道の達人を研究し、そこで発見した身体理論や表現理論を

国内、海外で教えている武道家です。

 

YOUTUBEでも結構スゴイ動画がみられます。

 

あと、武道だけではなく、元プロドラマーでもあるので、

ドラムや太鼓の動画もみることができますよ。

 

でも、なぜ武道家が介護・医療で働く方を対象とした

「明鏡塾」を立ち上げたのでしょうか。

 

きっかけは日野先生が20代の頃でした。

 

武道の稽古中、ボコボコにやられて痛みを訴えた人に、

自分に向かって「胸が痛い」と何度か言わせたら、

なんと痛みが消えたそうです。

 

それから、日野先生のところに

難病や末期のがんを患う人たちが尋ねてきて、

感覚を使ったケアをしていくようになりました。

 

そして、多くの方を看取る中で、

奥様と一緒にホスピスを作りたいと思うようになり、

偶然にも医療従事者向けセミナーのオファーがかかります。

 

これが「明鏡塾」の始まりです。

 

今は医療者、介護者、施術者、療法士などが参加していて、

リピーターがとても多く、開催地も東京・大阪と2か所に増えています。

 

体験セミナーで行った3つのワーク

 

今回の体験セミナーで行った主なワークは以下の3つでした。

  • 本気であいさつする
  • 寝ている人を起こす
  • 相手の背中に触れる

どれもシンプルですが、相当難しかったです!

どんな内容か詳しく解説していきます。

本気であいさつするワーク

 

2人1組になって、本気で挨拶をするだけのワークですが、

いくらやっても、全く相手に気持ちが伝わらないんですよ。

 

逆に言えば、日常生活でいかに自分が本気になっていないことを

実感できるワークでもあります・・・

 

挨拶をする・される両者とも「心を開く」姿勢が大切だということ

を焦点に取り組みました。

寝ている人を起こすワーク

 

寝ている相手の首に手を当てて起こす

全ての入り口となるとても大切なワークです。

 

コツは隙間なく相手に触れて、自分の手で相手の情報を感じ取ることです。

これができるようになると簡単に相手を起こすことができます。

 

でも、メッチャ難しかったので、

最初は相手が息を吸う直前で起こし練習をしました。

 

3時間ぐらいこのワークをしましたが、わたしは中々うまくいかず、

腕が痛くなりました(泣)

相手の背中に触れる

 

相手の背中を触り、相手に「触られているかどうか」ジャッジをします。

 

とにかくジャッジする側が難しいです。

絶対「???」になります。

 

先生曰く、実は触ってるようで、

ただ手を置いているだけということですが、

その感覚が全くつかめません。

 

実際、先生に背中を触れられた他の生徒さんは

「先生の手だとはっきり分かる」と言っていました。

 

さいごに

 

体験セミナーを通して、

明鏡塾は介護・医療現場で困難にあったとき、

「自分は何をするべきか」という建設的な発想を

鍛える場であると感じました。

 

介護・医療で働く方は忙しくて、

「仕事をこなすだけ」になりがちです。

 

でも、明鏡塾はそんな受け身な自分が変わるように

いろんなアプローチで支援をしてくれます。

 

もっと介護・医療で利用者・患者を良くしたい・笑顔をみたいと

思う人は「明鏡塾」を体験してみてはいかがでしょうか。

 

半年に一度、体験セミナーを行っているので、

興味のある方は明鏡塾ホームページをご覧ください。 

www.meikyojuku.com