30代になった社会福祉士・しげKickのブログ

昭和60年生まれ社会福祉士のしげkickです。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

ブログタイトル

社会福祉士の資格勉強には、本人も気づかない落とし穴がいっぱいある。

社会福祉士の資格勉強って、実は落とし穴があります。

 

真面目に合格を目指している一方で、

気づかぬ間に罠にかかってしまうことも・・・

 

もし、社会福祉士を取れば、就職が有利になって選択の幅が

広がると思っている方は、すでに罠にはまっています。

 

今回は、真面目に資格勉強する人が

ハマってしまう罠について考えていきます。

 

社会福祉士の資格は手段

 

「絶対、試験に合格してみせる」

意気込む方は罠にハマっています。

 

ここでの罠は、試験合格が目標になっていて、

資格取得後のビジョンが見えていない所です。

 

もし、不合格になった時は、一気に目標を見失い、

どうしていいか迷ってしまう危険性があります。

 

資格は「手段」です。

自分のやりたいことを実現するための”道具”に過ぎません。

 

社会福祉士で何をしたいか、明確になっていないと

折角苦労して取ったのに、使えない資格となってしまいます。

 

就職に有利と思っている人もアウト

 

社会福祉士を取れば、就職が有利になって選択の幅が

広がると思って、勉強を頑張っている人も罠にかかっています。

 

確かに、社会福祉士の最大のメリットは「国家資格」であることです。

 

国のバックがある資格なので、賃金アップや、医療ソーシャルワーカー

地域包括支援センターなどの職種に応募できるメリットがあります。

 

しかし、社会福祉士の現場は資格よりも、

相談業務経験、実務スキル(対人スキル、電話応対など)が重視されます。

 

たとえ資格があっても、

未経験、相談スキルが未熟な新人には、

就職が厳しい業界です。

 

わたしも資格を取得してから、相談業務に就けず、

10年間デイサービスで介護職中心の仕事でした(泣)

 

以前、記事でも書きました↓

www.social-walfare.work

 

残念ながら、社会福祉士の養成校は試験に受かるための

学校なので、実践スキルを学ぶ機会は、実習ぐらいしかありません。

 

社会福祉士の仕事に就きたいのならば、

どうやって相談業務のキャリアや実務スキルを磨けるか

考えておくことが資格以上に重要です。

 

傷ついた自分を癒すために、資格にすがっていないか

 

他の社会福祉士のブログを見ていると、プロフィールに

多数の資格を持っている人を見かけるときがあります。

 

介護福祉士、ケアマネ、ホームヘルパー等の

福祉関連の資格だけでなく、ファイナンシャルプランナー、

危険物取扱など多種多様に見られます。

 

しかし、多くの資格を取っても、勉強した内容が

しっかりインプットされているのでしょうか。

 

正直、難しいと思います。

 

ぶっちゃけ、私が社会福祉士の学校や試験勉強で学んだ内容は

ほとんど覚えていないです。

 

社会福祉士に限らず、資格勉強での学習では、

テストの点数を上げる効果はあるけれども、

時間が過ぎると忘れてしまう傾向が強いです。

 

つまり、資格取得が本質的な学びや知識に結びついておらず、

資格だけが残る

 

個人的な意見ですが、多くの資格を取得する人は、

資格を「お守り」のように扱っているような気がします。

 

お守りは持っていると、安心感を与えてくれます。

だから、知識の獲得よりも、集める方に夢中になってしまうのでは

ないでしょうか。

 

その背景には、就職がうまく決まらない、正社員になれない等で

傷ついた自分を取り戻すために、資格にすがっているのではないかと

思います。